記事一覧

20代の演奏会

ファイル 227-2.jpg

20代の演奏会。明日です。
80代の演奏会もあったらぜひ観てみたいです。
若者にも年配者にも期待しています。

柴田高明氏のリサイタルのお知らせ

ファイル 226-2.jpgファイル 226-3.jpg

柴田高明氏のリサイタルのお知らせです。ぜひお近くの公演をお聴きください。「奏でる!マンドリン」連載講座「柴田高明のマンドリン研究室Part II」も好評です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
リサイタルのご案内です。
今回は「日本マンドリン音楽の潮流」と題し、日本人作曲家による無伴奏作品に焦点を合わせます。日本にマンドリンが渡来した後現在までの約120年間を紐解けば、驚くほど豊潤なマンドリン文化が育まれていたのです。
東京、札幌、京都の3公演、是非ご来場ください。
よろしくお願いいたします。

「奏でる!マンドリン」2017年春号Vol.34(3月15日発売)のお知らせ

ファイル 225-2.jpg

「奏でる!マンドリン」2017年春号Vol.34(3月15日発売)のお知らせ

●最新号のトークゲストは静岡在住のマンドリニスト「中野薫」さんです!
●掲載楽譜は
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」テーマ音楽「天虎~虎の女」
桐谷健太の歌が話題になった「海の声」
「悲しくてやりきれない」(スタンダード版・カルテット編成)※注1
ナポリ民謡「小さなギター」(マンドリン+ギターの二重奏)

そして今号の目玉は
●「18世紀のマンドリンのアルペジオ・パターン一覧表」!
柴田高明氏の連載「楽しいマンドリン研究室Part II」で18世紀のアルペジオを体系的にご紹介いたします。
同様の一覧表としては、当時出版されたG.レオーネによるものが知られていますが、そこに紹介されていないパターンも含め、主に18世紀に使用されていたアルペジオを柴田高明氏が改めて分類したもので、当時の演奏様式、演奏法を知る上で重要な資料です。

また、今号ではマンドリン弦についての雑感という形で、様々な弦の特徴や使い方ノウハウ、裏ワザなどをご紹介いたします。(吉田が書かせていただきました。)

私のマンドリンライフでは、マンドリン奏者の久松祥三さん
Viva!マンドリンオーケストラでは、静岡ユースマンドリンオーケストラ
輝く!大学マンドリンでは、近畿大学文化会ギターマンドリンクラブ(大阪府東大阪市)
をご紹介いたします。

その他、多くのコンサートレポートの他
東京マンドリン宮田楽団100周年
アヴィ・アヴィタル&ヴェニス・バロック・オーケストラ来日
合奏団リリカ、1stアルバム『グレングルーの地下水路街』リリース
などの情報も掲載しています。

柳澤明良氏の新連載「指揮者でなくても知っておきたい指揮のこと」が始まります。
題名通り、指揮する人はもちろん、合奏に参加する全ての人に役立つプチ講座です。

星座別占いも好評!

本誌および連動CDの定期購入お申込み・お問い合わせは本サイトよりお願いいたします。
「奏でる!マンドリン」監修:吉田剛士

(※注1 アニメ映画「この世界の片隅に」テーマ曲として使用されたコトリンゴ版に準拠したマンドリンオーケストラ用楽譜はMPCとして2月22日に発売されています。)

冬の洞爺湖でピエトロニカ

冬の洞爺湖でピエトロニカ。シュールな感じもしますね。
ビジュアル系のお二人の活躍を期待しています。

http://toyasunpalace.co.jp/event/2017_pietronica/

菅原明朗(すがはらめいろう)

我が国のマンドリン史にその名を遺す作曲家 菅原明朗(すがはらめいろう)についてのウェブサイトができたようです。
https://sugaharameirou.jimdo.com/

第11回ARTE国際マンドリンフェスティバル&コンクール

2017年10月に大阪・いずみホールで第11回ARTE国際マンドリンフェスティバル&コンクールが開催されます。

http://www.arte-mandolin.com/en/aimfc/11th

新入部員勧誘のテクニック!

各学校のマンドリンクラブではもうすぐ新入生勧誘の時期を迎えます。
「奏でる!マンドリン」バックナンバー2015春号に掲載の特集記事
「新入部員勧誘のテクニック!」(吉水秀徳氏執筆)をぜひご参考に!

バックナンバーの購入はこちら
http://melonest.shop-pro.jp/?pid=90996467

また、「奏でる!マンドリン」次号(3/15発売)では
国内の中学高校、大学・短大のギターマンドリンクラブを対象にアンケート調査を行い新歓活動の状況と実際の企画や取り組み事例の統計結果をご紹介いたします。
どちらも皆様の活動に役立てていただけるものと思います。

「ユーロフェスティバル」について。

2018年にドイツのブルッフザールで行われる4年に一度のマンドリンとギターの祭典「ユーロフェスティバル」の参加条件が公表されています。
開催日は2018年5月10~13日。
毎回、日本からもいくつかの団体や個人が参加していますので興味のある方はぜひ調べてみてください。

https://www.facebook.com/bdzev/?hc_ref=PAGES_TIMELINE&fref=nf

ニューイヤーコンサート

ファイル 218-2.jpgファイル 218-3.jpg

恒例となりつつあるニューイヤーコンサート。
今年は韓国からのゲストも迎えるようで興味深い内容です。

訃報

本誌でもお世話になっていたギタリストの佐藤弘和氏が本日ご逝去されたとのことです。
お悔やみ申し上げますとともに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

ページ移動

カレンダー

2017年3月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
- - - - - - -

過去ログ